インスタグラムで集客する

インスタグラムで集客する

インスタ映えという言葉は、今ではもう一般的な言葉になっていますよね。
その位インスタグラムを利用している方は多くなっています。

 

インスタグラムは特に10代から30代前半の方が多く利用しています。
特徴は、なんといっても写真による投稿ですね。

 

動画形式の投稿も行うことができますが、
とにかくおしゃれな写真を投稿することが若い世代で人気となっています。

 

いかにインスタ映えするようなおしゃれな写真を投稿することができるのか、
おしゃれな写真を撮ることができそうということを
基準に旅行先を決めたり飲食店を選んだりすることも珍しいことではありません。

 

つまり利用している人の多くがおしゃれが好きということでもありますね。

 

インスタグラムを集客に利用するならやはり10代~30代辺りをターゲットにしている場合に活用しやすくなります。
また、写真での投稿、おしゃれということでは、
アパレル関係であったり、ネイルや美容院といった関係の職種の集客に合っているSNSと考えられます。

 

インスタグラムを利用するときに注意したいのが投稿文の中にはURLのリンクを貼ることができない点です。
つまり投稿からは企業に誘導することが難しいということです。
企業に誘導するためには、プロフィール欄からになってしまいますからプロフィール欄まで
ユーザーを誘導する必要もあるということです。

 

では、実際にプロフィールを見てもらうためにはどうしたらいいのか。
これはもう興味を持ってもらうための投稿を続けることですね。
いかにユーザーの興味をひくことができるか、
もっと簡単に言うとおしゃれに敏感な方たちが目を止めるような投稿が必要ということです。
単に商品の写真を投稿してもなかなか興味をひくことはできません。

 

商品だけでなくおしゃれであることがポイントになってきます。
もちろん、おしゃれな写真を一度投稿したからといって
それでプロフィールも見てくれるとは限りません、逆に見てくれる方の方が少ないでしょう。

 

おしゃれな投稿をつづけていくことで
初めてプロフィールを見てもらうことができると考えておいた方がいいですね。

 

また飲食店でなどでインスタグラムを集客に利用したいということであれば、いかにインスタ映えするメニューを提供することができるかが重要になりますね。
そのお店に行けばインスタ映えするメニューがあるということがわかれば一気に広がる可能性もあります。
ただし、一度訪れて写真を撮ったらもう満足ということにもなりかねません。

 

集客はあくまでもお客さんに興味を持ってもうためのものです。
その後何度も訪れてもらうためには、やはりそれだけの魅力がある必要があります。

 

インスタ映えを狙って訪れたお客さんの場合には、
インスタ映えするメニューを注文しますよね。

 

そのメニューがおいしかったり他では味わうことができないものであったりすれば、
もう一度足を運んでもらう可能性が出てきます。
さらに他のメニューにも興味を持ってもらうことができる可能性もあります。

 

SNSを利用した集客の場合、どうしてもいかに目立つ投稿ができるのかを考えてしまいますが、
それでは一時の集客にしかならない可能性がありますからその後のことも考えていくことも大切です。

このページの先頭へ戻る