集客ツールとしてのSNS

集客ツールとしてのSNS

集客におすすめのSNSはどれでしょうか。

 

いくつものSNSがあり、
どれを活用すべきか迷ってしまうことでしょう。

 

 

ただ、仕組みは同じSNSだとしても、
その利用方法は大きく異なっています。

 

 

 

FacebookとTwitterが同じだと思う人はいません。

 

それではどのように違うのでしょうか。

 

 

 

言葉では明確にできないかもしれませんが、
集客ツールとして利用可能かと言う視点で考えてみればいいでしょう。

 

 

Facebookはグループ内での情報伝達手段として活用することが多いですから、
特定の商品についての話題を出すことは憚られるでしょう。

 

その代わりに、掲載されているサイトの紹介などをすればいいだけです。

 

 

 

Twitterは情報が流れて行きますから、
それに対する反応を確認することは簡単ではありません。

 

 

それからLINEは双方向の伝達が可能です。

 

友人の反応も確認できるでしょう。

 

それぞれの使い方は人によって異なりますから、
画一的な視点で考える必要はありませんし、
これからも新しいSNSが登場するはずです。

 

 

柔軟な対応が求められますから、
基本となる考え方だけを明確に意識しておきましょう。

 

 

結論として、どれもおすすめです。

 

重要なことは使い方にあるでしょう。

 

 

もちろん、集客した後に販売しようとしている商品によって客層は変わります。

 

年齢の違いによって、利用するツールも違ってきますから、
適切な選び方が求められるのです。

 

 

基本的な考え方はあるでしょうが、
ある程度の試行錯誤は必要です。

 

それによって効果を高めて行かなければなりません。

 

SNSとは友人のつながりと言う言葉に代表されるように、
個人的なつながりを重視したネットワークです。

 

そのようなSNSでどのようにして集客するのでしょうか。

 

 

個人の友人関係とビジネスは相入れないと思ってしまうでしょう。

 

 

しかし、友人からの誘いで
商品に興味を持ってもらうことを期待することで集客につなげていく仕組みです。

 

もちろん、無名のショップを運営しているだけでは簡単に集客できるはずもありません。

 

 

したがって、SNSだけで集客できると考えるべきではありませんが、
一つの集客ツールであることは間違いないでしょう。

 

その利用方法が重要となります。

 

 

SNSでは個人レベルの書き込みとなりますから、
集客の情報よりも友人関係を深めていくことにパワーを注がなければなりません。

 

 

つまり、集客そのものはSNSの外部で行います。

 

一般的にSNSを集客ツールとして利用することが推奨されていますが、
現実的には難しいと考えなければなりません。

 

 

有名人のTwitterなら多くの人が読みますが、
無名ショップのオーナーの投稿を読むはずもありません。

 

友人の友人と言う伝手をたどることになりますが、
それが集客に結び付くまでにはかなりの時間が必要でしょう。

 

 

インターネットを活用したショップを開いて多くの経験を持っている人なら、
いろいろな方法で集客しています。

 

 

ただ、不特定多数の友人を集客しても売り上げにつながる保証はありませんから、
ある程度の関心を持っている人を集めることを考えておかなければなりません。

このページの先頭へ戻る